会社概要 採用情報 ニアショア開発 インターンシップ

appearance

 

 

~会社外観 社内の風景 ~ 

 

鹿児島ユナイテッドFC

鹿児島ユナイテッドFCは、鹿児島県鹿児島市をホームタウンにしている日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。 私たちは、本年もクラブサポーターとして応援しています。今年は、新型コロナ感染拡大防止のため、多くの試合が延期になりました。政府による「新しい生活様式」が提言され、変化していく日常生活の中で応援していくことになります。新しい試合運営を理解し、マナーを守りながら応援してまいります。

 

 

鹿児島ユナイテッドFC

facebook

facebook

■当社は業務アプリケーションソフトウェアの開発を行っている会社です


新卒者 新卒者

 

IT関連は理系の仕事だと感じている方がまだまだ多いようです。しかし、意外と文系でお客様の要望を聞き文章にし確認を行いプログラミング、テスト、システムを運用していくお仕事です。
技術が身に付き、テレワークにもピッタリの職業です。
今後ますます需要の多い職業だと思います。
ちょっとお話を聞いてみませんか!!(^^)

 

 

■かごJOB


かごjob

鹿児島県の企業情報や就職情報、インターンシップ情報等を掲載

当社は「かごJOB」に登録しており、移住支援金対象企業となっております。

 

UIターンをお考えの方、是非こちらも参照してみてください。

->移住支援金制度の御案内⇩

かごjob

 

採用情報

コロナ感染症対策

■当社ではこのような感染症対策をしています。

コロナ感染症対策

 

•会議室、応接室にアクリル板を設置しています。また、作業室の机上にも設置しています。

•マスクを備蓄しています。

•除菌スプレー、体温系を入口に常備しています。

 

その他、換気を促すアナウンスがPCから流れるようにし、定期的に空気の入れ替えを行っています。

 

仕事を計画的にしっかり行い、ストレスを減らし免疫力を高めることが一番と考えます。

これまでの実績

■スマートシステムへ


設立当初から地元のLED工場の生産管理システムを開発を行っていました。 そのシステムは各製品の開発工程における生産数・不良数・使用材料などを実績として記録し、各生産工程での歩留まりや品質を踏まえた生産効率の評価、生産効率の向上を目指していくものでした。 各工程の使用材料や部品などを把握することは不具合が発生した時などの原因究明と再発防止に役立てるためトレーサビリティシステムに発展し、これらの開発保守を行ってきました。 そのうちに地元のブロイラー農場の原価管理システムやその系列の鶏肉製品の生産工場でのトレーサビリティシステムの開発を行うようになり、これまで⾧年にわたって開発から保守までお任せいただいております。 その他、当社では工場の生産管理システムにおいて冷凍野菜の生産管理や研磨工具の生産管理などを手掛けてきました。

生産管理システム

さらに販売管理システムの開発実績も多数あり、現在はニアショア開発としてERPシステムの開発もご依頼いただいております。今後はERPシステム開発やその多くの分野のニアショア開発を積極的に意欲的に取り組んでいきます。 また農業の分野ではスマート農業としてのシステム活用が加速化しております。当社はブロイラー関連の生産管理を行っているため、生育過程でのデータを利用し、今後の生産性の向上、省力化の推進に役立つために努力されている方々のお手伝いをさせていただいております。 今後スマート農業はさらに進化し、工場などはAI化、ロボット化が進んでいくと思います。当社はこれまでのノウハウを継承し、さらなる技術の向上に合わせたシステムの開発、導入をともに促進していく人材を求めています。

 

事業内容

ニアショア開発

■ニアショア開発とは


ニアショア(Near shore)とは、直訳すると 近くの海岸」や「そばにある沿岸」などを意味する言葉です。 IT業界における「ニアショア開発」とは、システムやソフトウェア開発を近場の企業や地方企業へ開発業務を委託することを指します。

ニアショア開発

 

■ニアショア開発の課題と解決


当社では設立以来、ニアショア開発を提唱し微力ながら推進してきました。
ニアショア開発を推進するにあたり問題となるのは、発注元と開発現場との『コミュニケーション』、『セキュリティの確保』という点でした。 プロジェクトをうまく進めるためには、1にコミュニケーション、2にコミュニケーションです。コミュニケーションがプロジェクトの成功を決めると言っても言い過ぎではないのです。米国などは*オフショア開発で成功を収めており、国内ニアショア開発ならば、より効率よく実施できるはずです。首都圏、大都市など物価の高い地域に地方から赴くのではなく、首都圏・大都市のリーダーが物価の安い地方へ必要な期間に訪れていただければ、より安価にプロジェクト推進できます。 新型コロナウイルス感染予防のためにリモートワークという「withコロナ時代の働き方」が様々な業種に広がりを見せ、より多くの方がリモートワークを経験していることと思います。同時にオンライン会議も一般化されすっかり定着しています。 これを機にニアショア開発の推進に一層の拍車をかけ、場所を問わずシステム開発を行うことができるよう尽力していきます。

 

*オフショア開発(offshore development)とはシステム開発などの業務を海外企業、または海外の現地法人などに委託すること

 

一般社団法人ニアショアIT協会