働き方改革 真面目で前向きな人を応援します
ニアショア開発

 

『働き方改革 - 一億総活躍社会 』 へ向けて

1.『働き方改革』とは。

 

ホームページなどで「働き方改革とは?」と検索して、該当したサイトから抜粋すると以下のような記述がありました。
・『働き方改革とは、働く人の視点に立ち、企業文化、ライフスタイル、働き方を抜本的に変革させようとするものです。』
・『安倍晋三首相は2016年9月、内閣官房に「働き方改革実現推進室」を設置し、働き方改革の取り組みを提唱しました。』
・『働き方改革とは、一言でいえば「一億総活躍社会を実現するための改革」といえます。』
などなど・・・・
そして、一億総活躍社会を目標に掲げた背景に「労働人口の減少」があるとかかれています。
この労働力不足解消のため、3つの対応策があり以下のように考えられるということです。

・働き手を増やす(労働市場に参加していない女性や高齢者)
・出生率を上げて将来の働き手を増やす
・労働生産性を上げる


さらにこれらを実現するための課題として以下のことが挙げられています。

・長時間労働
・非正規と正社員の格差
・労働人口不足(高齢者の就労促進)

当社でも、当社なりにこれらの課題に真剣に取り組み、一億総活躍社会の実現、労働生産性の向上に貢献できるよう努力していきます。

 

2.当社の現状

 

当社は、ニアショア開発の推進し、主に東京や大阪など都市圏のお客様の開発案件や保守作業を行っています。

【長時間労働について】

 システム業界では、何年も前から長時間労働の3K業種として問題になっており、デスマーチという言葉で表現されていたりしました。当社は創業時より 『品質・挑戦・創造』、 『Simple&Speedy』 を理念として掲げ、長時間労働問題も課題として取り組んできました。

超過勤務時間の実績は以下の通りです。
  2016年度 月平均 24.6時間    2017年度 月平均 28.1時間 

 

【非正規と正社員の格差について】

 当社では非正規社員と正社員との賃金格差はつけません。現状、パート勤務や契約社員等の雇用は行っていません。正社員の中でも、その職責や経験年数による実績、勤務内容で評価を行っています。今後も人事評価、実績、貢献度などをより詳細に把握できるよう、見える化を実現し、適正評価を行い、同一労働同一賃金を実施していきます。

 

【労働人口不足(高齢者の就労促進)について】

 当社はソフトウェアの開発を主業務としています。そして鹿児島という地理でのニアショア開発を推進しています。システム開発に大きな金額を投資できる大企業は多く大都市にあるため、その受注活動や設計工程は、大都市での作業が主となっています。『設計なら・・・』とおっしゃるベテランの方もいらっしゃいますが、鹿児島、ニアショア開発という観点から、現状、システム開発を行える人員を主に募集し、採用しています。年齢は問いません。元気に和をもってプログラミングもOKと頑張っていただける方を採用し頑張ってもらっています。

 

3.今後の取り組み

①管理システム導入、拡充による作業の効率化
  ・人事評価、原価管理、出退勤(有給取得管理を含む)、文書管理、etc

②社内規定の見直し、拡充

  ・介護、育児休暇既定の追加
  ・テレワークによる自宅勤務制度、フレックス勤務の導入
  ・副業容認
  ・独立支援
  ・遠隔地勤務 などなど・・・


③外国人労働者の採用、検討
※現状、社内での受け入れ態勢が整備されておらず、採用に至っておりません。
今後、どのような改善や施策が必要なのか検討し、実施していこうとしています。

 

4.最後に

 

ワークライフバランス 私生活の充実がうたわれます。当社は、よく遊び、良く学び、そして、良い仕事ができることを願っています。真面目で前向きな方を応援します。
『遊びも大事』。遊びといっては語弊があるかもしれませんが、『仕事上手は、遊び上手』のような言葉もあります。遊ぶためには、効率よく仕事もこなし、同僚に迷惑のかからぬように、頭をフル回転させ色々なことに配慮しつつ、しっかりスケジュールを立て綿密にこなしていく必要があると思います。こういったことを言うと、張り詰めて、ぎりぎりな印象ですが、その中にもまた遊びをもたせて、少し余裕のあるスケジュールにしながら、楽しく充実した毎日を送りたいものです。このような生活をしていると自然と頭の回転もよくなり、効率アップし生産性の向上につながっていくのではないでしょうか。遊びも真面目に前向きに行いたいものです。
仕事も一生懸命、私生活も一生懸命、効率よくバランスよく仕事も私生活もこなし、達成感、充実感のある日々を過ごしていく。色々なことに興味を持ち、無関心にならず、協調性を養いつつ、価値観を共有しながら、多くのことを学び、考え成長していくことが、効率のアップ、生産性の向上、労働生産性の向上につなっていくと思います。より多くの時間をつくり、より多くの時を過ごし、多くの充実感を得ていきたいと思います。

 「東京医科大学の不正入試問題 得点操作で女子と多浪生を排除」という問題がありました。大学側も諸事情あると思います。しかし、頑張った人、正直者、まじめに一生懸命に努力した者が報われない社会にしてはいけないと感じます。無法地帯と化していくのでは。当社は、『真面目で前向きな方を応援します。』と数年前から謳っています。全員の努力が報われる会社、安心して働けるコミュニティーにしていきたいと思っています。

 



インターンシップ/Internship Recruitment/採用情報 Company Information/会社情報